令和3年5月18日

関係各位

東京新大学野球連盟会長
内藤 高雄

2021年度東京新大学野球連盟春季リーグ戦1部リーグでの
新型コロナウイルス感染対応のご報告

平素は東京新大学野球連盟の活動にご理解とご協力を賜り、大変ありがとうございます。本日は1部リーグにおきまして、2大学で新型コロナウイルスのクラスターと認定せざるを得ない状況がありましたので、関係各位にご報告させていただきます。

東京新大学野球連盟では、春季リーグ戦を4月7日に開幕できるよう、準備を進めてきましたが、新型コロナウイルス感染症は東京を中心に拡大傾向にあり、1月~3月にかけて2度目の緊急事態宣言が、そして4月25日より3度目の緊急事態宣言が発令され、現在に至っております。そこで連盟としては3月下旬に加盟各大学の活動状況を調査した上で、3月末に1部リーグは予定通り4月7日に開幕し、2部~4部リーグについては延期し、5月1日開幕を決定し、日程を再調整させていただきました。その後、4月7日の1部リーグの開幕の折に緊急役員会を開催し、2部~4部リーグについて以下のような決定をして加盟各大学に通達しました。

  1. 2部~4部リーグについては5月1日開幕を目指して日程を再編する。
  2. その際、通常の試合数(総当たり2回戦)を保証する。
  3. 今季は入れ替え戦を開催せず、降格はなしとし、2部~4部リーグの各優勝大学は自動昇格とする。従って、秋季リーグでは1部7校、2部6校、3部6校、4部4校で開催する。

このような状況で、4月末に創価大学野球部寮で、さらに5月上旬に東京国際大学野球部寮で、新型コロナウイルス集団感染が発生しました。

【創価大学野球部寮での新型コロナウイルス集団感染】

4月28日に創価大学硬式野球部長から、この時点で14名の新型コロナウイルス陽性者が出て、大学内での会議により、今後の春季リーグ戦の出場を辞退する旨の連絡が連盟に入りました。そして翌日に大学より、公式に発表がありました。そのため、当連盟は、大変残念ではありますが創価大学のリーグ戦棄権を受け入れることとし、5月1日に緊急役員会を開催し、以下のような決定をしました。

  1. 創価大学の成績は4勝1敗6棄権とし、すでに実施した5試合の個人記録はすべて有効とする。
  2. 順位決定にあたっては、創価大学の不戦敗を2連敗、対戦校の不戦勝を2連勝とする。

【東京国際大学野球部寮での新型コロナウイルス集団感染】

ところがさらに今月に入り、東京国際大学野球部寮で新型コロナウイルス陽性者が出てしまいました。5月13日夜までの東京国際大学のマネージャーからの報告によれば、この時点でコーチ1名、選手4名の陽性が明らかになり、併せてコーチ1名、トレーナー1名、選手8名が陽性者の濃厚接触者として保健所より認定されました。
現在、新型コロナウイルス陰性の学生や指導者も、潜伏期間の関係から、今後陽性に転じる可能性も十分にあり、本連盟としましては、これをクラスターと認定せざるを得ないとの結論を出しました。従って大変残念ですが、東京国際大学に対して連盟として、5月15日16日の駿河台大学戦を棄権するよう指示を出し、東京国際大学もこれを受け入れました。なお東京国際大学の棄権試合につきましても、創価大学の棄権の際と同様に取り扱うことになります。

もちろん連盟としては加盟各大学の野球部員達が日ごろの鍛錬の結果を充分に発揮し、最後までリーグ戦を戦っていただくことを希望しております。しかしながら同時に当連盟が最も重要視すべきことは、何よりも選手やリーグ戦運営スタッフの学生たちの命の安全と健康であると考えております。従って試合において接する機会の多い対戦チーム、およびベンチを交代で使用するチーム、さらには学生スタッフや審判員の健康を考慮し、このような決定をさせていただきました。

なお、5月23日24日の東京国際大学の試合参加につきましては、連盟が認定するクラスターが完全に収束していること、すなわち今後新型コロナウイルス陽性者が1人も出ないことおよび試合の2,3日前までに、リーグ戦メンバー、指導者、学生スタッフに対して、再度PCR検査を実施し、全員が陰性であることを条件に、出場を認めることにします。その場合でも、すでに陽性になった者およびその濃厚接触者は、たとえPCR検査が陰性であっても、14日間の隔離義務があるため、出場できないことになります。
当連盟としては創価大学の新型コロナウイルス集団感染発生以来、新型コロナウイルス感染防止対策を強化し、また東京国際大学が棄権した5月15日16日両日の試合ではより一層注意してリーグ戦を行いました。
関係各位におかれましては、ご迷惑をおかけして大変恐縮ではございますが、非常事態でありますので、ご理解いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

以上

×

  • 試合情報試合情報
  • チーム紹介チーム紹介
  • 試合会場試合会場

  • 2021/08/04

    令和3年度 1部秋季リーグ戦 ご観戦について

    令和3年度秋季リーグ戦は、新型コロナウイルス感染拡大防止措置の一環として原則無観客試合とさせていただきます。

    野球関係者及び学校関係者、選手のご家族やOBの方につきましては人数制限し、感染対策を徹底の上、入場していただきます。
    観戦をご希望される方は、各大学へお問い合わせください。

    よろしくお願い致します

  • 2021/06/20

    本日の予定 新人戦について

    本日予定しておりました
    新人戦は、雨天グランドコンディション不良のため、中止とさせていただきます。

    なお、本日をもちまして新人戦を中止とさせていただきます。

    よろしくお願い致します。

  • 2021/06/19

    本日の予定

    本日予定しておりました

    創価大学-杏林大学
    東京学芸大学-東京国際大学
    の試合は、雨天コンディション不良のため、中止とさせていただきます。


    なお明日の予定は、

    10:00~創価大学-杏林大学
    13:00~東京学芸大学-東京国際大学

    以上2試合を、岩槻川通公園野球場にて予定しております。

  • 2021/06/17

    令和3年 1部春季新人戦 ご観戦について

    春季リーグ戦同様、連盟規定により原則無観客試合となりますが、選手のご家族やOBにつきましては人数制限をした上で入場許可がされております。
    観戦をご希望する方は、各大学にお問合せください。

    よろしくお願い致します。

  • 2021/06/14

    令和3年度 1部春期新人戦 日程変更について

    流通経済大学より、同校の他部活動から新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生し、流通経済大学の学内閉鎖と課外活動全体が停止され、新人戦の出場を辞退する旨の報告をいただきました。
    やむを得ない事情の為、流通経済大学を除いての新人戦となります。
    それにより日程が変更となりますので、お知らせ致します。

    開催日 6